ヤング☆パイン プラス

アクセスカウンタ

zoom RSS 布ナプキン検証

<<   作成日時 : 2007/11/23 20:38   >>

トラックバック 0 / コメント 2

本日は男子禁制です。
はいはい、男子は校庭でドッジボール。
女子は先生からお話があるからね〜。

いうわけで
(カーテンを閉めながら)


今日は生理のお話。


                                    

脈拍が遅くて血圧も低い、
ローテンションを体現したようなトリカラですが、
生理中の症状はいたってアグレッシヴ。
もう…痛いわ多いわ重いわ
こればっかりはどうにもならんのよ(泣)
とても平気なフリなんてできないので
周りに迷惑かけそうなときには
自己申告して先に謝ってます;

生理の症状は
非常に個人差の大きいものですし
あまり他人と比較する機会もないのですが、
生理用品メーカーのHPに
平均経血量のデータが載っていました。
以下抜粋。

 多い日で1日30g(大さじ約2杯)、
 期間中全部合わせて50〜100g程度が
 一般的のようです。(花王)


 お お さ じ 2 は い〜 ?

 ウ ソ こ け ー !


この辺のデータは多分
サンプル不足なんじゃないかと思います。
自分は1日75gで正常ですし…
(大さじ換算で約5杯)
(っていうか
“大さじ○杯”とか言うと生々しいな;)

さて。
ここで気になるのが
何かと話題の布ナプキン。
口コミの感想では
「一度使うと手放せない」
「繰り返し使えて経済的」
「生理が軽くなった気がする」
などなど
好評の様子。
中でも
「痛みが軽くなって経血量も減った」
というコメントが
見逃せないではありませんか。
それが本当だったらすばらしいよ!
試してみる価値はあるかも!
メンテが面倒そうだけど、
えいっ。と購入してみました。
結果は…

痛みも血量も軽減しませんでした。
…そもそも「量が減る」という根拠は何?

たしかに布は保温性が高いので
内膜剥離が楽になることはあると思いますが、
それならむしろ腰にカイロでも貼った方が効果が大きいです。
実際に痛みを和らげる効果があるとしても、
それはものすごーく緩やかな効き方なんじゃなかろうか…
(↑こういう、疑り深いタイプの人には効きにくいんです^^;)
「量が減る」という話は怪しいですが、
保温効果高い→内膜剥離進む→期間が早く終わる
というのはありそうですね。
ただ、これだと短期集中型になった分、
1日あたりの経血量は増えそうだし…

                                    

というわけで、
口コミの評価には
多少眉唾物の情報が混ざっている気がしますが
(この辺のデータも多分サンプル不足なのでしょう)、
使用感を順に検証してみました。

                                    

1.着用感
まず、布ナプキンは
非常に重量感があります。
その重さは使い捨てナプキンの
およそ4倍〜10倍(吸収シート併用時)。
最初はふかふかした厚みと野暮ったさに
違和感を覚えますが、
慣れてくるととても快適です。
なるほど、手放せなくなるというのも分かるなぁ。
しかし、生理用品のCMで良く見るような
ぴたぴたの白いボトムなんかは履けまい。
生理中にあんなカッコする
チャレンジャーの方が少ないと思うけど^^;

                                    

2.吸収力
使い捨てと同程度の吸収力があります。
吸収・拡散していく様は
“肌着が汗を吸う感覚”を
イメージして頂ければ分かりやすいかと。
しかし、使い捨てが水分をゲル状に固めて封じ込めるのに対し
スポンジ状の吸収体に保水するタイプの布ナプキンは
体重移動などの圧力に弱いという弱点があります。
10g程度の吸水でも逆戻りすることがあるよー!(きゃー)
心なしか、匂いも漏れやすい気が…
吸収シート併用などのオプションが
簡単につけられる点は便利だけど、過信は禁物。

                                    

3.外出先での取り扱い
外出に関しては何かと不便。
洗って繰り返し使うため
出先から汚れ物を持ち帰らねばなりません。
旅行中の携帯にも不向き。
また、前述のとおり
構造によっては圧力に弱い傾向があるため、
勤務中や授業中など
長時間取替えの自由が利かない状態では
不測の事態も起こりかねません。
ケース・バイ・ケースで
使い分けることが望ましいです。

                                    

4.経済性
「経済的である」と言えるのは
ナプキンを手づくりする場合に限ります。
布ナプキンの市販品は
1枚当たり\1000前後。
使い捨てナプキンの24個入×2パックが
\300円程度で買えてしまうことを思うと、
けっしてお安くはありません。
使い捨てのコストに迫るためには
繰り返し150回以上使える必要がありますが、
そんなに耐久性なさそうですし…

そしてもうひとつ、洗濯の問題が。
予洗いには1枚あたり
洗面器4〜5杯程度の水が必要です。
その他臭い対策として、ティートリーオイルなど
精油の使用を推奨していますが、
これもけっこうなお値段だしなぁ…
さらに漬け置き容器、専用洗剤など用意すると
初期投資は結構な額になります。

ちなみに現在の所有枚数は
ナプキン5枚+吸収シート2枚。
布だけでまかなおうとすると
洗濯しても追っつかない;
自作しようかなぁ…

                                    

5.地球にやさしい
上記のとおり、結構な水量を使うので
あまりエコとかそういう実感はありません。
あと“漬け置き水を植木にやると肥料になる”そうですが、
これって…かなり抵抗あります;
そんなオードリーII な!(※)
植木ったって…
しみこむ土壌が無ければ
コンクリや鉢受け皿の上に
余った赤い水が流れるんでしょ?
やだよ。
※註:映画「リトルショップオブ・ホラーズ」の食肉植物。
 フランク・オズのミュージカル版(’86)は超名作。


                                    

6.デザインが可愛い
手づくりの場合は
好みの柄や素材を選ぶ楽しさがありそうですね。
たとえば、
使わなくなったヴィヴィアンのハンカチで作れば
ヴィヴィアンのナプキンが、
アナスイ風のプリント生地で作れば
アナスイ風のナプキンが出来るわけですよ。
これなら面倒な洗濯も楽しく♪
そう…たとえば、土産物屋で売ってる
ヨン様柄のくつしたで(以下自粛)
(絶対イヤです)

市販品のデザインは
まだまだ選択肢が少ないかな…
“オーガニック素材”や“スロウ”を
売りにすることが多い商品特性からか、
ラブリーなカントリー調のモチーフが多いです。
好みに合えばいいんですが…ね…
ナーバスな期間だから、
『柄おまかせ』で送られてきた
ラブリーもよう(→参考画像)に
逆にイラッときたりするよね…(遠い目)
あと、衛生上天日干しにした方がよいのですが
あれを外に干すのは結構勇気がいると思います!
でも雑菌が怖いから表に干してる。(笑)

                                    

7.かぶれにくい
この点では優れていると思います。
もっとも、抜け道は布だけじゃないんですけどね。
“かぶれやすい体質だけれど
布の野暮ったさにどうしても馴染めない”という人には、
タンポン+サラサーティコットン100(※)で代用するという選択肢もあります。
この方法も何かと身軽でいいよ。うん。
※註:いつも思うんだけど、この商品名はいかがなものかと…

                                    

8.メーカーごとの特徴
今回使ってみたのは
ウィムーンのスリムM(←Amazonでも買えるのね…;)と
フェリシモのデイリータイプ&合体パッド(吸収シート)です。
両社とも一長一短という感じで、
フェリシモの方は、肌触りはいいのですが
ホルダー部分が足元でもたついて気持ち悪いと感じました。
そこで思いついたのが
ウィムーンのスリムM+フェリシモの合体パッド併用
これなら双方のいいトコ取りで快適です。
他にも色々なメーカーがありますが、
試している間にけっこうなお値段になっちゃいそうなので
最終的には自作する方向に進んでいくんだろうなぁ(^^;)

                                    

9.総括
と、いうわけで
やっぱ布ナプキンて敷居高い!
という結論に達してしまいました;
ともあれ
慣れれば多少は負担も軽減されるだろうし
布ならではの利点もあるわけで
(あのフカフカ感は捨て難い)、
文句言いながらも
結構気に入っちゃってる自分がいます。
初めて布ナプキンの話を聞いた時には
「そんな前時代的な?!ありえねー!」
とか思っていたのにね…

生理中の症状は
メンタル的なストレスに左右されやすいもの。
快適に過ごすためには
自分が一番心地よいと思える方法を
選んでいきたいものです。
しかし、現状に不満が無ければ
無理に変える必要は無いと思います。
そして残念ながら、布ナプキンは
最善の策というわけではありません。
何かと不便なところも多いし、
具合が悪いときに
わざわざ億劫な洗濯物を
増やしたくない!と思う事だってあるだろうし…
とりあえず、これからも
ストレスにならない程度に
取り入れていけたら良いなー。

ちなみにここまで、
検証に要した期間は3ヶ月、
かかった費用は1万円近く。

どんだけコストパフォーマンスの悪い日記だよ!(苦笑)


というわけで現在手縫い中;
作り方に関してはコチラのサイトさんを
参考にさせていただいてます。
→Cottonちぇっく
非常に端的かつ的確に書いてらして
とても参考になります♪
もっと早くに見つけていれば…
こんなにグダグダな文章
書かなかったのに!(オイ;)

願わくば今日の日記が
これから導入を検討されている方の
参考になれば幸いですv
…っていうか
いつもテーマの定まらないブログでゴメンね?(笑)

口直しに文鳥画像を。
画像
「換羽期でダルい」と申しております。
そして怒りっぽい。ちょっと共感。  (トリカラ)

アルカリウォッシュ 1kg

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私自身はマジックリンで顔洗ってもかぶれない強靭な皮膚なのですが。
あの時期はさすがに股間が憂鬱。
布ナプキンを友人にすすめられていたのですが
面倒臭さが先に立ち結局やれずじまい。
今回のエントリは参考になった!ボタン押させて頂きます。ポチっとなw

なんで友人がすすめたかちゅーと、石鹸だけ
くそ高いもん買ってるせいです。
娘がアトピーなんざます。
さすがにカビキラーでは皮膚荒れます。
      ↑手袋しないでやってる。
最近のガキャー繊細で困るぜぃ。
NIWAKO@女子部
2007/11/25 15:05
> NIWAKOさん
強靭な皮膚…素手でパテ盛りしても
だいじょぶそうでいいなぁ!(何の話;)

布ナプ、最初は面倒くさいというより
プリミチブな行為にびっくりします。
絶対馴染めない人も居るはず!なので
強くはお勧めはしません。
…とかいいつつも今日は
ユザワヤで材料買ってきましてよ。
愛着湧き出したらもう逃れられないw

アトピーの人増えてますよねー。
私の甥っ子ちゃんや姪っ子ちゃんにも
アレルギー出てる子が多いです。
おだいじにおだいじに。
トリカラ
2007/11/25 23:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
布ナプキン検証 ヤング☆パイン プラス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる