ヤング☆パイン プラス

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤田和日郎まつり 第2会場(笑)

<<   作成日時 : 2009/06/02 14:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今さらながら
からくりサーカス全43巻読破達成!
画像
いやー読んだ読んだ。
堪能させていただきました!
つろがね可愛いよつろがね。
複雑に絡んだ物語は
ときに作者である藤田先生の
繰り糸すら危うくさせてるけど(笑)、
全ての登場人物の言動を
無駄することなく紡ぎ合わせ
纏め上げた才能と力量に脱帽です。
さ、トリカラも
与えられた一役を演じるために
自分の丸盆(リング)に帰るとしますか。

…で
丸盆ってここ?(゜゜;)

まあそんな経緯で
読後の興奮冷めやらぬまま
藤田先生関連の立体資材を
引っぱり出してみることに。
※各画像はクリックで拡大します

まずはコトブキヤワンコイン
「うしおととら」の鎌鼬(かまいたち)兄妹。
うしとら、最近ようやく読み始めました。
今やっと12巻ぐらい。←“獣の槍”誕生秘話のあたり
藤田さんが若い!粗い!でも面白い!
画像
ブキヤワンコインは
全7種(だったかな?)の内
これしか持ってません。
潮ととらが欲しいよ。当然のごとく。
今から探すとフルセット5000円とかだもんなぁ(;△;)

もう一枚、顔の見えるショットを。
かがりは左腕を外し気味にしないと
顔が隠れてしまうのです。
画像
空間の広がりもバランスよく
カッチョ良い出来なのですが
持ち主が先端恐怖症な為
あまり飾ってもらえないという
不遇なフィギュアです(泣笑)

こちらはメガハウス
エクセレントモデルの ツロガネ しろがね。
画像
実はこれ、原作読むより先に
造型が気に入って買っちゃったのです。
原型師はマクロスF一番くじのシェリル作った
ヘビーゲイジの戸部さん。ファンです。

しろがねアップ。
画像
うつくしい…
アイプリントは原作準拠。
銀髪銀目の雰囲気がよく出ています。

足元には懸糸傀儡の「あるるかん」。
画像
メガハウスからはこのしろがねと、
リーゼの2人が立体化されています。
他にもからくりサーカスには
魅力的な登場人物が多数登場するので
立体化が望まれるところ。
ナガモノを構えるルシールや
銀化が始まったナルミ、
最古の四人辺りは
立体映えしそうだよなあ…
ちなみにトリカラの好きなキャラは
人肉玉乗り(おそろしい)のパンタローネさん。

そしてコトブキヤワンコイン
「新・吼えろペン」の富士鷹ジュビロ。
漫画家・藤田和日郎氏をモデルにしたキャラです。
シクレ(笑い顔のジュビロ)目当てに2つ引いて
ノーマルがダブっちゃったw
画像
そう、まず
このジュビロフィギュアがきっかけとなって
   ↓
吼えペン原作
   ↓
島本さんのラジオ
   ↓
しろがねフィギュア

という
長い紆余曲折を経て
現在(からくりサーカス読破)に至ったわけです。

つまり
きっかけの大半は
島本和彦先生が作っていたという(^^;)



それにしても
相変わらず立体物先行型の
トリカラなのでした。   (トリカラ)


【おまけ。】
第1会場→ヤング☆パイン別館 風速20km/s




新吼えろペン 8 (サンデーGXコミックス)
小学館
島本 和彦


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
藤田和日郎まつり 第2会場(笑) ヤング☆パイン プラス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる