鉄コン筋クリート

画像映画「鉄コン筋クリート」
を観てきました。
松本大洋の絵が!
世界が!
街並みが!
立体感を持って
動いてる!(感動…)
舞台となる街、
おもちゃ箱を
ぶちまけたような
「宝町」の美術が
細部に至るまで
描き込まれ、
生命を吹き込まれて
いました。スゲェ。

声をあてているのは
いわゆるアニメ声優さんではなく
役者さんやTVタレントの方がほとんどなのですが、
演技であることを感じさせない自然な演技で
非常に好感が持てました。
特に「シロ」役の蒼井さん!
上手いです!
ともすれば小っ恥ずかしい
松本作品特有のセリフ回しを
サラリと演じていました!凄いなぁ、この人。
でもってシロ、メチャメチャ可愛いんです。
見た目は小汚いガキなのに。(笑)

そして美術がすごい。
雑然とした街並みの膨大な色数が
統一感を持った色彩で表現されていて見事でした。
色彩設計の方はかなり苦労されたのでは;
ここに登場する「宝町」は
架空の街なのに、
実在の「どこかで見た風景」が
こっそり織り込んであって面白かったです。
例えばコマ劇場前とか、下北の狭い路地とか。
駅のホームは京浜急行っぽいのに
入線してくる列車はヨーロッパっぽいとか…
あれ?逆だったかな?列車が京急?(うろ覚え;)
でも地図で見る宝町は中之島っぽかったり。
観る人みんなが
「あ、どこかで見た風景だ」、という
共通の感覚を抱くように
描かれているのかも知れません。
ある意味、街そのものが主役とも言える作品なので
それだけ背景美術に力が入っていたようにも感じます。

松本作品は見るからに
スタジオ4℃の作風とも相性良さ気ですし、
監督が原作の大ファンと言うだけあって、
作品世界を大切にしている様が窺えました。
期待を裏切らない内容で
約2時間、充分に楽しませて頂きました♪

で、結局「子供の城プロジェクト」って何だったの?

とか言うのは無粋ですかねぇ…
(↑そこは原作を踏襲してますから、多分;)  (トリカラ)


【おまけ。】
余談ですが。
「宝町」の読み方は、劇場版では
「たからまち」に変更されていました。
何故だろう。実在の「たからちょう」から
クレームでも付いたのかしら。
でも「たからまち」の方も、更には
「こどもの城」も実在してますし。謎です。

この記事へのコメント

REM
2007年01月16日 16:42
ご無沙汰しております。
隠遁中のREMです。
私も観ました。列車京急でしたね。
思わず背景画集買ってしまいました。
宝町、行ってみたい!
2007年01月16日 22:21
> REMさん
わー、お久しぶりですー!(^^)
REMさんもご覧になったのですね♪
アレはやっぱり京急でしたかー(笑)
背景画集いいですね!私も欲しいです~。
rumi
2007年01月22日 16:49
トリカラさ~ん!私も見ましたよ~♪
お正月の一大イベントとして(笑)
ストーリー、ちょっと考えさせられるものがあったけど、絵はすごかったです!!
めっちゃすごい!どこを切り取ってもアートですもんね!!
絵だけで感動でした。あと蒼井ユウちゃん!かわいかったですね~
アジカンの歌も最高だし。
原作も見なくちゃ。と思ってます。
2007年01月23日 00:26
> rumiさん
おお!rumiさんも!ヽ(*^▽^*)ノ
作画、ホントに見事でしたよねー!
街とか、キャラクターの躍動感とか!
声のキャスティングも良かったです。
特に蒼井さんのシロ!
同じ松本大洋作品でも
「ピンポン」のペコ(窪塚君)とは
ひと味違うなぁと…;

そいえば「マインドゲーム」のキャラも
こっそり出演してましたよね♪

この記事へのトラックバック