日常のクラクラ構造

何年ぶりかで
お財布を新調しました!
中身を移し替える「儀式」(?)の時って、
ちょっとした緊張感が漂います(^▽^;)
だってお財布の中には
身分証だの、キャッシュカードだの
けっこうなアイデンティティが詰まってるんですもの;

しかし、お財布を買うと
肝心の中身(=お金)が
無くなってしまうというジレンマ。
ちょっと不思議な感覚です。

お財布を新調する時に思い出すのが、
佐藤雅彦の「毎月新聞」に書かれていた
“ある奇妙な感覚”について。
その感覚はこんな時に訪れるといいます。

財布が壊れたので
1万円をポケットに入れて
デパートに行った時のこと。
財布を買い、店員さんに
「今使うので包まなくていいです」と言い、
受けとったお釣りを
たった今買った財布に入れて
ポケットにしまった…

今までポケットにあったお金でその財布を買い、
そのお釣りがその財布に入ってしまう。
今ポケットに入っている「財布プラスおつり」が1万円。


一見当たり前なのに、どこか奇妙。

お金の入れ物(財布とか貯金箱とか)を買うと、
中に入れるべきお金そのものが減る。
しかし減った分のお金は
今そこにある品物に姿を変え、
しかし同額分のお金であった頃とは
まったく別の機能を持ってしまっている。

こうした「日常のクラクラ構造」は
お金の絡む例以外にも
いろいろなところに潜んでいます。
たとえば↓こんな時に。

ごみ箱にゴミ袋をセットする時、
そのゴミ袋が最後の一枚だった。
手元には、ゴミ袋が入っていた透明のビニール袋が残った。
そのビニール袋は、もう使いようがなくなったので
ごみ箱に捨てた。
つい先ほどまでゴミ袋が入っていた袋が、
中のゴミ袋が無くなった瞬間
袋としての機能を失って、ゴミとなった。
そして、今まで中に入れていたゴミ袋の中に入ってしまう。


これを、佐藤氏は
「日常のクラクラ構造」と呼んでいるようです。

…やっぱり
佐藤雅彦研究所って
いつもこんな事ばっかり
考えてるんですねー!(≧▽≦)
いやはや、素敵すぎます…
「考え方について考える」、
その柔軟性と深い洞察力を
少しでも分けて欲しいですw

さて、先ごろうききちが
「○○円貯まる本」を購入して
500円玉貯金を始めました。
ご存じの方も多いと思いますが、
要はハードカバー書籍のような形の貯金箱です。
それぞれのページには
500円硬貨がぴったりはまる穴があいていて
穴の下には日本全国の地名が書かれています。
画像










サッポロ×海洋堂の
コラボフィギュアが
ピッタリはまるよ!

反対側のページには、その土地に関するコラムが。
全ての穴を埋め、日本一周すると
目標額に到達!という趣向です。

でも、硬貨って重いんですよね…
これ…全部貯まると何㎏ぐらいになるんだろう。
東京日本橋をスタートして
現在、博多あたりにいるのですが
度々ページに指を挟んで痛い目に遭います(≧_≦;)
重くなるのは承知の上で、購入時にも
これでモズグス様ごっこ(@ベルセルク)ができるね!
なんて言ってたんですが。 ←実際にはやりません。死ぬから。

この(→原作のセリフとは異なります)モズグス様画像を
ネット上で見つけてからは、
我が家ではこの貯金本を
「白だの黒だの!」と呼ぶようになりました。
ex,「そこの白だの黒だの!取って」

…っていうか、何が白やら黒やらw  (トリカラ)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック