ぬりえまにあおかわり

引っ越してからも相変わらず
本屋さんでは「大人の塗り絵」コーナーを
チェックしてしまうトリカラです。
でも曼陀羅とか
ミュシャの絵とか…
やたら難易度の高そうなものが多いんですけど、
みんなホントに塗ってるんでしょうか(°°;)
中でも極めつけが
「マップル」シリーズでお馴染み、
昭文社の
「地図から生まれた
 パノラマ塗り絵 日本百名山」

これ、ぬり絵というより
ほぼまんま“地図”です。
その上に、等高線と陰影を頼りに
想像力を駆使して色を乗せていくという…

難易度高すぎるわー!ヽ(`Д´)ノ

と、トリカラは思うんですけど
どうなんでしょう;

さて、ペースダウンしながらも
ちくちく塗り中の妖精ぬり絵2冊目。
過去日記(→こちら)と比較すると違いが歴然。
画像












たんぽぽさんアゲイン。
こうして見るとまだ粗は目立つんだけど、
我ながら目を見張る成長ぶりです。
       Before ←→  After
画像
まるで通信講座のサクラみたいなアチクシ。
「これ1冊でみるみる上達!」
 み た い な 。

アネモネさんもこんなカンジに。
        Before ←→  After
画像
彩色テーマは「アネモネの毒々しさ」(^_^;)

使っている色鉛筆は
お求めやすい(笑)
『三菱ポリカラー』24色セット+αです。
でも、よく使う色って
だんだん決まって来ちゃいますよね。
金・銀・黒とか絶対使わないしなー。
ちなみにこの塗り絵本の場合、
最も減りが早いランキングは
赤茶・紫・灰緑の3色です。
今はもう手に入らない「廃盤色」の減りが怖い…

この本を塗りながら、いつもぼんにゃり思うことは

「このモデルになったお子達は
 もうこの世に存在しないか、
 生きていたとしても
 すごい高齢なんだろうなぁ」

…。

で、地面の色を塗る時に
ふと脳裏をよぎるのは
昔読んだ高野文子の短編マンガ「玄関」()。

作中、主人公の女の子が
お母さんの差す日傘の中で
足元の影を眺めながら
「こんど図画の時間に地面を描くときは
 藤色とだいだい色で塗ってみよう」
とぼんやり思うシーンがあるのですが、
それ!その混色!
今塗ってる色、まさにそれ!
ってなります。
うーん、こんなところでフラッシュバックするとは。
※註:うろ覚えなんだけどこのお話、
たしか母娘共々
職員室に呼び出された帰りなんですよね。
主人公は海で溺れたトラウマから
水泳の授業をまともに受けられない。
そのことで先生から
「他の子の足を引っぱるな」的な
注意をされてしまう。
そんで帰り道、お母さんに慰められながら
うなだれて地面を見つめてて、
先生に怒られた(?)後だから
悲しくてちょっとボンヤリしてるの。
それでいて、夏の日差しと影の色を
固定観念にとらわれず、冷静に分析してる。
高野さん、もの凄い描写力だと思います。
そしてコドモ時代ならではの
瑞々しい感受性が胸に痛いです。くっ。(/_≦)


ぬり絵で手を動かすついでに
思わぬ記憶の引き出しが整理されて
こっ…これが脳トレ効果?
と、思ったり思わなかったり、
(「半信半疑」は疑が8割ですよ!)な
トリカラなのでした。 (トリカラ)

【おまけ。】
シシリー・メアリー・バーカーといえばこれ!
というわけで、引っ越しの時出てきた
ハイクラウンカード。
画像
私の上の姉が集めていた物です。
コンプはしていないようですが、
けっこうな枚数が揃っています。
カード裏面の記載によると、
昭和52~55年くらいに配布された物のようです。
プレゼントキャンペーンの品も、
ミニフレームと詩集の2種類があった模様。
最近の復刻版ハイクラウンには
カードが入っていないようで、ちょっと不満。

この記事へのコメント

七海
2007年04月27日 11:39
トリカラさん こんにちは~

同じ絵柄でも、配色が違うとこんなにも雰囲気が変わるとは!二冊目のもステキです(^_^)
特別な色鉛筆をお使いなのかと思っていたんですけど、トリカラさんの混色の技だったのですね!\(◎o◎)/!
こまやかな色使いをされるから、金銀黒色が長いまま箱に残っている事も納得です。
本屋さんの売り場もバラエティ豊かで、選ぶのに悩みましたが、自分は「夢少女」を買ってしまいました。
ゆっくりと塗り絵をしていると、確かに様々なことを思い出したり考えたりで、脳トレ効果あるかな?(百名山は地理の勉強ですね)

ハイクラウンカード、そんなに前のものでしたか。色々な花の妖精たちが可愛い。
(アルファベットは揃っていますか?)
2007年05月02日 21:49
> 七海さん
こ、こんにちはー!
PC故障中のため、
出先のホテルのロビーから酩酊レスです…

ポリカラーは芯に適当な硬さがあって
使いやすいですよね(^^)さすが、
教材にも使われているロングセラー!
ニューヤング☆パイン市(仮称)にも
画材店があれば覗いてきたいんですけど、
なかなか…
「夢少女」は塗り絵の王道!って感じで
素敵ですね。懐かしい気分に浸れそうです♪

ハイクラウンのカード、
アルファベット揃ってないんですよー;
発行年によって詩集とかフレームとか、
プレゼントの品が違うのが面白いです。
全部で何枚ぐらい在ったんでしょうね?

この記事へのトラックバック