テーマ:

素敵なサムシングワンダー

日本の<異空間>探検マガジン 「ワンダーJAPAN」の エリア別ワンダースポット300を買ってみました。 載っているのは全国の珍建築や廃墟、 公園遊具や萌える工場などなど。 一応全国版という体裁だけど まだ特集の組まれていない 東北・北陸・四国・中国地方に関しては ほとんど情報が無いのが残念でした。 小さい頃から眺めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文鳥は千代千代と鳴く

手仕事強化週間継続中。 本日は文鳥柄のブックカバーです。 これは2年ほど前に オカダヤさんで買い求めた マーノクレアールの手芸キット。 入手後、すぐにいそいそと作り始めたものの、 故あって中断していたものです。 放置していた原因は キットに含まれていた スウェード素材。 ブックカバー中央のしおり部分と 文鳥の足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「そういうものだ(So it goes)」

今日はうききちと 旧パイン市(会津若松市)に来ています。 2人で軽く飲んだ後、 二次会に向かううききちを見送ったトリカラは、 宿に戻る途中、立ち寄った本屋さんで ヴォネガットの遺作となる ハードカバーを一冊買いました。 (酩酊状態なのに、店員さんに  「駐車場はご利用ですか?」と訊かれて  ちょっと面食らったり。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家の骨田くん

引っ越してすぐ、 荷解きも終わってないうちに 衝動買いしちゃった 分冊百科「体のふしぎ」の骨田アーサー君。 もちろん全巻買う気はないけれど、 創刊号はお買い得(190円)だったので、つい出来心で… 本棚からチラリ。 結構デカくてかさばってます。 これ、いらなくなったとき処分に困りそうです。 ヘンな捨て方したら通報されち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ぬりえまにあPocket

やっぱり塗り絵は ポストカードサイズが いちばん塗りやすいなー。と思うのです。 てなわけで Seria生活良品で買ってみました、 「塗絵日和<はがきタイプ> 野鳥vol.1」。 塗り絵はがき5柄各2枚+見本画像つき。 100均商品だから…ってことで ちょっと軽く見てましたが、 実際使ってみたら ものすごくバランスの取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぬりえまにあ4冊目

3冊目でステップアップを図ったら 思いのほかしんどかった! 今市子さんの「花と文鳥」塗り絵、 1ページ塗るのに 何週間かかってるんだって話です; なのでちょっと気分を変えて、 気楽に楽しめそうな ネタ系塗り絵に挑戦してみました♪ それがこちら 「しごとがわかるふくそうぬりえ」 (2006年発行・主婦の友社)。 ・医…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ぬりえまにあ3冊目

先日、ちょっと面白い 塗り絵本を見つけました。 2005年発行の 「大人のための美しいぬり絵  ステンドグラス編」(学研)です。 これは、塗り絵部分に トレーシングペーパーのような 透ける紙を使用しており、 塗った後は光源の前に飾って 実際のステンドグラスのように楽しもうという趣向です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぬりえまにあおかわり

引っ越してからも相変わらず 本屋さんでは「大人の塗り絵」コーナーを チェックしてしまうトリカラです。 でも曼陀羅とか ミュシャの絵とか… やたら難易度の高そうなものが多いんですけど、 みんなホントに塗ってるんでしょうか(°°;) 中でも極めつけが 「マップル」シリーズでお馴染み、 昭文社の 「地図から生まれた  パ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ぬりえまにあふたたび

ぬりえに関する 他の方のブログを読んでいて、ふと 目に留まったのは 子ども用のぬりえ帖に関する記述。 「ア○パ○マン」だとか 「ピ○チュウ」だとか、 広い面積を ほとんど単色で塗るだけなので 大人にはつまらない、 といった内容でした。 うーん。 塗り方も楽しみ方も 十人十色だから 一概には言えないんだけど、 …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

日常のクラクラ構造

何年ぶりかで お財布を新調しました! 中身を移し替える「儀式」(?)の時って、 ちょっとした緊張感が漂います(^▽^;) だってお財布の中には 身分証だの、キャッシュカードだの けっこうなアイデンティティが詰まってるんですもの; しかし、お財布を買うと 肝心の中身(=お金)が 無くなってしまうというジレンマ。 ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パフューム ある人殺しの物語

ジャン=バティスト・グルヌイユは たぐいまれなる才能の持ち主。 その才能とは およそ常人離れした 「嗅覚」であった… と いう訳で、 かねてより期待していた映画 「パフューム」を観てきました! これは小説「香水」の実写映画化です。 その資質ゆえに 数奇な運命を辿るグルヌイユ(=カエルの意味)ですが、 ある時、…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ぬりえまにあ

昨今、書店などで 「大人の塗り絵」を良く目にするようになりましたよね。 それ以前にも、ヴィレッジヴァンガードなどで ちょっといかがわしいオトナ用塗り絵(笑)を 見かけたりはしてたんですが そーいうんじゃなくて、も少しおハイソ(?)な感じの。 塗り絵がちょっとしたブームになってからは DSでも塗り絵ソフトが登場しました。 …
トラックバック:3
コメント:9

続きを読むread more

海洋堂 ピーターラビットの世界

ファミリーマートのドリンクキャンペーン 「THE WORLD of PETER RABBIT」が 今日から始まりました。 例によって非クローズド商品なので ダブりなく買える親切仕様です。 全5種、並べてみました。 華やかー。 ピーターラビット 見て下さい、この恍惚とした表情を! “世界で一番愛されたウサギ” その…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

世界のミリメシ

『世界のミリメシを実食する―兵士の給食・レーション』は、 主に野戦用に使われる携帯糧食 「レーション」に関する本です。 各国の食文化や習慣を知る上で たいへん興味深い内容でした。 タバスコのちっこいボトル(1/8 OZ)は もともとはレーションだったんだ!とか、 オセアニアの人はラーメン好きなんだ…とか 身近な題材が親し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Ganache Prune Japonaise

2004年に浸けた ブランデーベースの 自家製梅酒。 お酒の方は ちみちみと楽しんで きましたが、 浸けた果実の方は なかなか使いようが ありません。 ビンの中の 梅の実がジャマに なって、お酒も 中途半端な残り具合。 このままだと 天使の分け前ばかり増えてく!と うききちが言うので 刻んだ梅の実を使って…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more