テーマ:文鳥

野の花を手向ける

トリカラが里帰りして5日目の朝。 留守中も文鳥の看病を続けてくれていた うききちから、 「もうトリの心配を する必要が無くなった」 と聞かされました。 抗生剤の投薬開始から およそ2週間後のことでした。 こうして、 9年と8ヶ月の間 一緒に暮らした文鳥とのお別れは その最期の姿を見ることなく訪れました。 …

続きを読むread more

悲しいものは悲しいと

カーテンの隙間から 光が漏れ入ってくる 窓際の床上で、 外を眺めるでもなく ただ 光の方を向いて スズメ達の声を聞きながら 文鳥が 座り込んで 肩で息をしています。 昨日 動物病院に 連れて行きました。 抗生物質をもらってきました。 こういうこともあると 常々覚悟はしていたつもり…

続きを読むread more